歴史から武家への節句日

このため、必ずしも知られる子どものです。 もともとは旧暦の五月五日に祝われていたが、かつては”端午の節句”と呼ばれ、武士の文化と強く結びついていた。 また、3月3日には”女の子の日”があり、これはまだ今日まで祝われています。

男の子の日には、上流で泳ぐ鯉が龍になるという伝説にちなんで、家族が”鯉のぼり”と呼ばれる鯉のぼりを育てます。 また、金太郎人形を展示するのも通例であった。 金太郎(きんたろう)とは、伝説の武士源頼光が少年時代に行った名前。 彼は熊に乗ったと言われているとき、子供の頃でさえ、彼の信じられないほどの強さで知られていました。 武士の兜の名前である兜は、丹後の雪を表すもう一つのシンボルです。

“こどもこんにちは”が誕生

1948年に日本政府の宣言された5として正式に国民の祝日として知られるこどもこんにちは. 鯉の飛翔や金太郎など、少年の日から始まった伝統の多くは、子供の日に引き継がれました。
菖蒲の葉や根を使って”菖蒲湯”と呼ばれる特別な風呂を用意することもでき、武士の剣のような形をしていると言われています(少年の日の本来の概念に合っています)。

現代日本のこどもの日

この日に食べられる特定の伝統的な食べ物もあります。 柏餅(かしわもち)は、餡を詰めて樫の葉で包んだ餅である。 もう一つの子供の日の食べ物、中国で発祥したと言われているチマキは、笹の葉で包まれた長い餅で構成されています。 (注:これらの餅を包む葉はどちらも食べることを意図していません。)

子供の日は今日も楽しみ続けています。 日本の家庭だけでなく、子供たちの学校でも祝われる日であり、21世紀になっても、この古い伝統を今まで以上に生き生きとしたものにしています。

※この情報は、この記事の掲載時のものです。
※記載の価格およびオプションは変更される場合があります。
※特に記載のない限り、価格はすべて税込です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。