インスリン昏睡療法は、1951年10月から当院で使用されています。 1954年までに89人の患者が治療のフルコースを受けていた。 対照患者の非常に密接に一致したグループが得られ、以下の結論が得られた:

1。 インスリン昏睡群は対照群と本質的に同じ数の改善された患者を示した。 対照群の数値は、実際にはわずかに良好であった。

2. 緊張性統合失調症と診断された群の結果は,インスリン治療群よりも対照群の方がはるかに良好であった。 他の診断カテゴリーに差はなかった。

3. ESTが使用されたところでそれはインシュリンの昏睡状態療法少なくとも有効でした。

4. インスリンは、急性または慢性疾患のいずれかと診断された患者の改善率を増加させない。

5. より重症の患者にはインスリン昏睡療法が与えられるが、その改善率は対照群と同じである。

インスリン昏睡療法は、それを持っていた患者の改善において、それ自体はほとんど価値がないという結論です。 我々は、我々が得た結果は、インスリンを取得していない非常に類似したグループの結果に等しいだけで、インスリン昏睡療法とsimulataneous体細胞と精神療法の努力に起因していたことを述べるためにベンチャーだろう。 精神科入院は、インスリン群の患者あたり平均3ヶ月長くなった。 私たちの結論は、病院でのこの過剰な期間を保証するものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。