目次

ささいな軽犯罪は犯罪ですか?

ささいな軽犯罪は、ミネソタ州法の下で犯罪とはみなされません。 Minn Stat. §609.02.

“あなたは犯罪で有罪判決を受けたことがある”かどうかを尋ねる求人申請書に記入するときに、些細な軽犯罪の有罪判決を源泉徴収するための法的

ささいな軽犯罪はミネソタ州の法律の下では犯罪ではありません。 ささいな軽犯罪の有罪判決は、しかし、公共の記録とあなたの犯罪歴の一部の問題です。 したがって、任意のジョブアプリケーション上の特定の言語に細心の注意を再生するために最重要です。 あなたが犯罪で有罪判決を受けたかどうかを申請書に尋ねられた場合、あなたは正直かつ正確に軽犯罪の有罪判決を省略することができます。 一方、アプリケーションは、具体的には、あなたが正しくその質問に答え、それを含める必要がありますよりも、ささいな軽犯罪の有罪判決を含めるように ささいな軽犯罪は非常に深刻な犯罪ではありません;嘘をつかまれてからの影響は、真実を認めるために雇われていないのリスクよりもはるかに重 信念の文脈のための簡単な説明はまた多分あなたの潜在的な雇用者が持つかもしれない心配を満たす。

ほとんどの雇用申請はそもそもこの情報を求めているのでしょうか?

ほとんどの求人アプリケーションの具体的な言語は異なります。 いくつかは重罪の有罪判決を求めるだけで、あなたが犯罪で有罪判決を受けたことがあるかどうかを尋ねる人もいます。 すべての仕事ではないにしても、ほとんどの場合、個人の犯罪歴に関連する質問があります。

雇用申請からささいな軽犯罪を源泉徴収する際に倫理的な考慮事項はありますか?

ミネソタ州の法律では、軽犯罪はそれほど深刻ではないため、軽犯罪を犯罪とはみなしていません。 雇用者は、一般的にこの問題に関する法律を十分に認識しており、これらのアプリケーションを起草するときにそれらの多くは弁護士と相談してい 彼らはあなたのささいな軽犯罪の有罪判決について知りたい場合は、彼らは具体的にそれらを求めるだろう。 彼らはあなたが犯罪で有罪判決を受けているかどうかを尋ねる場合は、倫理的に雇用アプリケーションにあなたのささいな軽罪の有罪判決を開示す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。