今日の投稿はゲスト著者Matt Hendrenによるものです。 マットは素晴らしい妻の夫、イマヌエルナッシュビルのメンバー、そしてすべての周りのオタクです。 趣味はお笑い、改革派神学、あらゆるものを趣味としている。 あなたは彼が神学、コーヒー、鉛筆を話す[email protected]でエキュメニカルな平和を広めることを見つけることができます。

契約神学は、契約の枠組みの中から聖書を解釈する解釈学です。 それは本質的に、神が契約を通してキリストにある贖いの歴史をどのようにもたらすかを説明しようとしています。

契約神学、または連邦神学と呼ばれることもありますが、主に聖書が神と人間の救いと和解に関する啓示的なメッセージを明らかにし、包括的なメタナラティブを通じて有機的かつ漸進的に明らかにしたというメッセージで知られています。 この神学的枠組みのもう一つの側面は、それがはっきりとキリスト学的であり、キリストを聖書の中心として見ているということです。

簡単な歴史的背景

契約神学の歴史は豊かですが、決してモノリシックではありません。 その歴史は、その神学と同じくらい有機的で進歩的な発展です。 それは種の形で見ることができます,それがあったように,初期の教会の父親で,特にアウグスティヌスと原罪に彼の重点を置いて. アダムとキリストの連邦の首長は、他の父親にも見ることができます。

その後の「契約」という概念の主要概念としての成長と広範な受け入れは、宗教改革の肥沃な神学的土壌によるものである。 解釈学的概念としての契約の発展は、宗教改革の時代とその後の間に、Bullinger、Cocceius、Ames、Ursinus、Olevianusなどの男性の著作のために成長しました。

ほとんどの神学的立場と同様に、その広がりは、これらの男性の何人かが職を握っていたアカデミーの文脈によるものであることは間違いない。 しかし、それは契約神学として知られるようになったものの発芽のために主に責任があるように出てくるその時間の間にアナバプティスと他の人 最初にスイスでは、Zwingli、Bullinger、Calvinは、はるかに少ない程度ではあるが、Anabaptistsに対する契約のアイデアを利用しました。

カルヴィンは、バプテスマの恵みを幼児に拡張する理由として、聖約の一致について有名に主張しました。 (カルヴィン、16. 7)ブリンガーは、チューリッヒのツヴィングリに続いて、おそらく契約神学に関する最初の包括的な仕事、数十年を書いた。 カスパー-オレビアヌスとウルシヌスは、ドイツにおける契約神学者の例として際立っており、ハイデルベルクのカテキズムのシェイパーである。

オレビアヌスの働き、すなわち神と選ばれた者との間の恵みの契約の本質は、言及する価値がある。 おそらく前述の名前のすべての仕事に基づいて、ヨハネス-コクセウスは、父と息子の間の時間前の契約だけでなく、時間内の二つの異なる契約の考えを開発しました—作品の契約と恵みの契約。 これは、契約神学の全体と核を表すので、特に重要です: キリストのみにある信仰のみによる恵みのみによる救い。

契約神学の概念は大陸だけにとどまりませんでした。 1646年のウェストミンスター信仰告白は、おそらく契約神学を解説する最も有名な作品であり、特に第7章&8章である。 しかし、これは真空中では起こらなかった。 これらの人は彼らの考えることの他によって同様に影響された。

特に、ウィリアム-エイムズ、ジョン-ボール、ハーマン-ウィツィウスはウェストミンスターの神々の中で影響力があり、高く評価されていた。 これらのピューリタンは、契約の教義を非常に重要であると見て、契約の神学の面で独占的に対処し、契約の概念をすべての神学の最前線にもたらしました。 それは多くの方法で、それは人生と実践への彼らのガイドでした。

“契約”の定義

契約は、当該規定の維持または破壊に関する規定を有する両当事者間の協定または債券として最もよく定義することができる。 “契約”のヘブライ語の単語は”berith”です。 この用語は、契約を確認する儀式であるberith-making、または”契約を切る”(carat berith)のアイデアと組み合わせて使用されます。 この儀式には物理的な行為が含まれ、動物の文字通りの切断(カラット)が行われ、契約を破った当事者に何が起こるかを意味します。 要約すると、それは目に見える言葉であり、慣用的な表現を行動に移します。

これは、聖書に見られるいくつかの出来事に驚くほど似ています。 創世記15章では、神はアブラハムとの契約を切っています。 同様に、アブラハム自身は創世記21章でアビメレクとの契約を”切る”というエピソードを持っています。 彼らは神との契約を更新するとき、すべてのイスラエルは同様に契約の儀式に参加しています。

古代世界(旧約聖書の設定を読む)にさかのぼる契約には、王室のグラント条約と宗主国-臣下条約があることに注意することが重要です。 前者は一種の条約、または契約であり、上司(通常は王)が約束をし、適切な感謝と忠実さだけを必要とし、上司による”私はやる”アプローチによって意味されます; 後者は、規定への服従、”私たちはやる”アプローチを必要としました。

上記を与えると、聖書の聖約は、多くの古代近東条約の形式と比較して本質的に似ていることは明らかであるはずです。 アブラハムとの契約は王室の助成金のように見えますが、シナイでイスラエルとの契約は宗主国-家臣条約に非常に近いようです。

これは契約神学の最初の二つの教義との直接的な比較でもある: 行いの聖約と恵みの聖約—一つは永遠に生きるために完全な個人的な従順を必要とし、もう一つは信念を必要とします。

契約神学の基本的な教義

契約神学者の大多数は、歴史的に三つの主要な点に合意してきました(これらの契約の名前は常に同じではありませんでした):

  1. 作品の契約
  2. 恵みの契約
  3. 償還の契約

これらの点について全会一致の合意はありません; しかし、意見の大部分は、ウェストミンスター信仰告白と一緒に、コンセンサス文書であり、神が時間内に贖いを達成するために着手した道としてこれらの点を述べています。

ウェストミンスター信仰告白VII.1-3は、次のように聖書に見られる行いの契約と恵みの契約について解説しています(参照聖句を含む):

I. 神と被造物との間の距離は非常に大きく、合理的な被造物は創造主として彼に服従を負っていますが、彼らは祝福と報酬として彼の結実を得ることはできませんでしたが、神の部分に対する自発的な軽蔑によって、彼は契約によって表現することを喜んでいました。 (a)

II.人間との最初の契約は、業の契約であり、(b)アダムと彼の子孫に生命が約束された、(c)完全で個人的な従順の条件に基づいていた。 (d)

III. それによって、罪人にイエス-キリストによるいのちと救いを自由に与え、彼らが救われるために、彼を信じる信仰を必要とし、(f)いのちに聖任されたすべての人々に、彼の聖霊を与え、彼らを喜んで信じることができるようにすることを約束しました。 (g)

贖いの契約は、選民の贖いをもたらすために三位一体の人々の間でなされた時間前の協定と定義することができる。 この聖約では、父は息子に遺産としての民を約束し、息子は必要な贖いの働きを約束し、御霊は延長によって息子を拡大し、力を与えるだけでなく、神の選

最初から最後まで、契約神学は古くからの質問にシームレスに答えます-罪深い人はどのように神に近づくことができますか?

さらに読む

初心者:

C.Matthew McMahonによって簡単に作られた契約の神学

契約が簡単に作られた: Jonty Rhodes

Intermediate:

Introducing Covenant Theology,By Michael Horton

Christ and Covenant Theology:Essays on Election,Republication,and The Covenants,By Cornelis P.Venema

Sacred Bond:Covenant Theology Explored,By Mike Brown and Zach Keele

The Christ of the Christ,By Michael Horton

Christ and Covenant Theology:Essays on Election,Republication,and The Covenants,By Cornelis P.Venema

Sacred Bond:Covenant Theology Explored,by Mike Brown and The Christ of the Christ聖約、O.Palmer Robertson著

詳細:

神と人との間の聖約の経済: 神性の完全な体を理解する,ハーマンWitsiusによって

人生の契約が開かれました,サミュエル*ラザフォードによって

王国プロローグ:創世記の基礎Covenantal世界観,メレディス*クラインによって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。