私は最近、aliexpressからミニコンピュータを購入しました。 これは非常に強力で、Amazon EC2インスタンスをレンタルするよりもはるかに費用対効果が高いです。 それは私のアパートの私のルーターの近くに座って、常に24/7に、ちょうど10から15Wをすすります。

私は毎月支払う定期的なインターネットサービスプロバイダ(ISP)を持っています。 最も重要なのは、私は静的IPアドレスを持っていないことです。 通常、静的IPは毎月より多くの費用がかかるか、単にオプションではありません。

解決策は何ですか? 自宅のコンピュータ/サーバーに接続するにはどうすればよいですか? ダイナミックDNS!

ダイナミックDNSの設定

さて、私はドメイン名、ホームインターネットサービスプロバイダ(ISP)、ルータ、およびホームサーバー(ミニコンピュータ)を持っています。 私は静的IPを持っていません。 しかし、リモートソース(携帯電話や旅行中のラップトップなど)から自宅のコンピュータ/サーバーに一貫して接続したいと思っています。

Google Domainsからドメインを登録したので、そこから始めましょう。 あなたの範囲を登録したところはどこでも設定によって同じような何かをしなければならない場合もあります。

Google Domainsセクションには、特定のドメイン名に動的DNSを設定するオプションがあります。 あなただけの特定のサブドメイン(私は下に見られるように私の名前を”スクーター”)と私はGoogleドメインに登録していた私のドメイン名のいずれかにそれ

次に、私はTP-LINK Archer C7である私のホームルーターに行き、動的DNSのセクションを見つけました。 私はそれがGoogle Domainsが私のために作成したユーザー名/パスワードで私のドメイン名を指すだけで十分に簡単になることを望んでいました。

残念ながらTP-LINKはあまり柔軟ではありません。 ユーザーは、動的DNSのニーズにNo-IP、Dyndns、またはComexeを使用することを期待しています。

幸いなことに、Google Domainsははるかに柔軟です。 これらは、クライアントまたはそのAPIを使用して動的DNSを更新できるようにします。

さて、多分私は試してみますDDclient、それはサポートされているクライアントのように見えるので。

ダイナミックDNSにDDclientを使用する

DDclientについては、ここで学ぶことができます。 私はUbuntuオペレーティングシステムを実行していたので、apt-getパッケージマネージャーを使用することにしました。

sudo apt-get install ddclientを実行すると、すぐにセットアップウィザードが起動しました。

私が混乱していたのは、ネットワークインターフェイスだけでした。

ifconfig -aを実行することはそれを理解するのに役立ちました。 これが実行の出力です:

トラフィックの量に基づいて、p2p1が必要なようです。

ddclientのインストール後

セットアップウィザードが終了した後、生成されたddclient.confファイルがどこかにあると予想しました。 私は

ddclient -daemon=0 -noquiet -debug

を実行してddclientをデバッグしようとしましたが、

/var/cache/ddclient/ddclient.cache

にあるファイルが表示されましたが、それも表示されました:

DEBUG: get_ip: using if, p2p1 reports 192.168.0.104

これは私が望むIPアドレスではありません!だから私は手動で設定ファイルを作成しました/etc/ddclient.conf

次に編集します

sudo nano /etc/default/ddclient

確認してくださいrun_daemon="true"

$ sudo service ddclient statusStatus of Dynamic DNS service update utility: ddclient is running.

それが実行されていない場合は、タイプ

$ sudo service ddclient start

成功!

DDclientは、私のIPアドレスが変更されたとき(ISPがランダムに回転させることを決定したときなど)を検出できるきちんとしたソフトウェアです。 DDclientは新しいIPアドレスをGoogle Domainsに送信するので、scooter.mydomain.comにアクセスするたびに、トラフィックをルーティングするIPアドレスを知っています。 イェーイ!

2018年1月更新

私は最初にこれを設定して以来、インターネットサービスプロバイダとドメイン名を数回切り替えました。 元の設定はもはや機能していないので、もう一度機能させたいと思います。

Google Domainsで動的DNSを再有効化

サブドメインの代わりに@記号を使用するように”裸の”ドメインを使用します。 裸のドメインは

Note that the data column is blank because the ddclient software hasn’t told Google Domains what the IP address is.

First I’ll confirm that it’s installed

Okay so that’s not quite the latest version as of today, which is 3.8.3. Checking the release notes doesn’t look like I am missing too much.

Is it running?

Okay so it is running, but has old settings.

Update settings

This is the username and password that Google Domains generated. My domain name is at the bottom with the “naked” prefix @ではなくexample.comのようなものです。 私はddclientがそれをサポートしているのでGoogle Domainsプロトコルを使用できると思いますが、dyndns2プロトコルで問題が発生しない限り、それをスキップします。

それをテストしてください

デバッグをオンにして一度だけ実行します(デーモンやサービスはありません)

Google Domainsをチェックすると、

9:51:22AMに変更されたことを示していますので、かなり近いです。 2秒は、遅い/速い時計の領域内にあります。

Cronとサービスをダブルチェック
$ crontab -e(nothing in there)$ sudo crontab -e(nothing in there)

そして、デーモンが実行されているかどうかをサービスをチェックします

それは実行中だと言います。 我々は再びそれを開始しようとした場合、何が起こりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。