「適度なものを飲んで定義を満たしていれば、あなたがいくつかのことに対して自分自身を遮蔽していることを知っているのはいいかもしれません。 しかし、あなたが飲み始めるべきだと言う公衆衛生のガイドラインはありません”と、サウスカロライナ州沿岸の町にある健康と減量施設であるヒルトンヘッドヘルスの教育ディレクターであるボブ-ライトは言います。

翻訳:心臓病から身を守るために探しているなら、メルローではなく、運動と食事から始めてください。

疾病管理センター(CDC)の食事ガイドラインでは、”中等度”のアルコール摂取を女性の場合は一日一杯、男性の場合は二杯としており、”一杯”は以下の通りである。:

  • 12 ビールのオンス
  • ワインの5オンス
  • 1 1/2オンス(おおよそショット)80証拠蒸留酒または酒の

最も重要なのは、誰もがアルコールがそれらにどのように影響するかに影響を与えることができる利点、リスク、遺伝子、行動および背景を個別化していることを覚えておいてください。 実際には、彼または彼女はあなたのための会話を開始することができます:月上旬にCDCは、飲酒について患者に話すことについて、より積極的になるた (手頃な価格のケア法は、共同賃金なしでアルコールスクリーニングと簡単なカウンセリングをカバーするための新しい計画が必要です。)

以下は、アルコールを飲むことの四つの利点と五つの負の効果です。

アルコールを飲むことの4つの利点

アルコールを飲むことの4つの利点は次のとおりです。

1. それはあなたの心を保護します。 100以上の研究は、アルコールが—再び、適度に—驚くべき25-40パーセントによって心血管の原因による死亡のリスクを減少させることができることを確認し アンドレア*ポール、の最高医務官Boardvitals.com、アルコールは人のHDL、または”良い”コレステロールを発生させるためだと言います。 (メイヨークリニックはハーバードと同じように同意する。)それはすべての心血管の原因からの心臓発作、ischemic打撃および死の危険をスラッシュします。

広告

5. アルコールはあなたの思考に影響を与えます。 より具体的には、ライトは言う、アルコールはあなたがスマートな意思決定を行う方法で取得します。 「私はこれを判断的に言うことはありません」と彼は言います、「しかしそれは人々が健康的な方法で行動するのを邪魔します。”

Grandparents.com
によってGrandparents.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。