会議室リストの作成など、Exchange Online(Office365)の一部の設定は、PowerShellを使用してのみ使用できます。 リモートPowerShellを使用してExchange Onlineに接続するには、このステップバイステップガイドに従います。 これにより、Exchange Onlineのすべての機能を使用できるようになります。 このガイドでは、PowerShellを使用してExchange Onlineに接続し、すべての会議室リソースの一覧を取得する方法を説明します。 接続したら、他のガイドを参照して設定を調整およびカスタマイズすることができます。

多要素認証を使用してexchange onlineに接続することもできます(少し簡単です!).

ステップ1

まず、Powershellスクリプトを制限なく実行できることを確認する必要があります。 昇格されたPowerShellプロンプトを開きます。Start>をクリックします。”PowerShell”>と入力します。Shiftキーを押しながらCtrlキーを押しながらEnterキーを押します。

Powershell

ステップ2

タイトルバーに”管理者:Windows PowerShell”が表示されていることを確認します。 代わりにタイトルバーに「Windows PowerShell」が表示されている場合は、下のバーのPowerShellアイコンを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。”

管理者としてpowershellを実行する

ステップ3

“はい”をクリックします’

UAC

ステップ4

その後、以下のテキストをコピーして貼り付けます:

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

Set policy

クイックヒント:コマンドをコピーして貼り付けるには、デフォルトとプロパティタブの下で’QuickEditモード’がチェックされていないことを確認してくださPowershellプロパティ

ステップ5

タイプ’Y’

実行ポリシー

ステップ6

以下のテキストをコピーして貼り付けます:

$UserCredential = Get-Credential

ユーザー名とパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。 提供するアカウント情報は、会社のOffice365サポートに対する管理者権限を持っている必要があります。

ユーザー資格情報

ステップ7

その後、以下のテキストをコピーして貼り付けます:

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session

セッション

セッション

ステップ8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。